“ESG&C”というチームを作ります – #広告がなくなる日

“ESG” という言葉が生まれてからずいぶん経ちました。

Environment=環境
Social=社会
Governance=統治(ガバナンス)

の頭文字でESGです。日常的な暮らしではあまり目にすることはありませんが、ESG経営、ESG投資というような使われ方を聞いたことがあるかもしれません。とにかく、企業や組織が「長期的に成長する」ためには、この”ESG”が示す3つの観点が大切になる、ということです。

「広告がなくなる日」の大きなテーマの一つは、「持続可能な社会のため」に、我々のような広告クリエイターが何をできるか、どう取り組むべきかということです。つまり、「企業や商品単体の課題解決」から「社会の課題解決」へとシフトしていくべきだという主張です。

これから先、社会はより大きな壁にぶつかります。このままではもう前に進めない、それどころか、その壁に押し潰されるような未来です。あらゆる企業や組織は、その壁と真剣に向き合う必要があります。

また、その壁の前では、これまでの「広告」という領域はあまりに無力です。よりより実際的で、より行動的な取り組みが求められることは間違いありません。

しかし、本の中に繰り返し書いたのですが、広告が培ってきた課題解決の技術や思想は、より重要なファンクションとなっていきます。アイデア、デザインといった「課題解決」の技術を、より意味のある領域に使っていく必要があります。

ESG & CREATION

そこで、「ESG&C」というプログラムをはじめることにしました。従来のESGという概念に、CREATIONを追加したものです。ESGの観点を動かすためには、「創造」という「行動」が不可欠だと考えることによります。

DEメンバー に加え、arcaの辻愛沙子、そして弁護士である蔵元左近さんにジョインしていただきました。蔵元さんは、DEにも所属してもらっています。

株式会社arca 代表
辻愛沙子

弁護士
蔵元左近

(なんかこの二人の画像のカラーの対比がちょっと面白いですね笑)

辻愛沙子の説明は(いろいろなところで目にしているかと思うので)省かせてもらいますが、これまでも社会課題に関するクリエイティブプロジェクトを実現してきたクリエイティブアクティビスト/クリエティブディレクターです(news zero 水曜日に出演しています)。

蔵元さんは、あまりにも多くの仕事をされているのですが、ESGを専門領域として長年活動をされてきている弁護士です。

蔵元左近 KURAMOTO SAKON

日本国弁護士・米国ニューヨーク州弁護士。東京を拠点に日本企業を中心にサポートしてきた弁護士で、米国とシンガポールでの駐在経験も有している。 海外展開する日本企業のニーズを踏まえ、国内・国際両面に目配りをし、戦略的な見地で、ESG/SDGs/「ビジネスと人権」・VC/スタートアップ・M&A・コンプライアンス分野に従事している。特に、ESG/SDGs/「ビジネスと人権」を専門領域とする弁護士として、サプライチェーンの適正化を図る各国の法令、SDGsやESG、「ビジネスと人権」に関する国際的規範・基準、関連するILO条約等に精通する他、ESG/インパクト投資の推進に向けたサポートを行っている。

日本企業のステークホルダー対応・DI&E(Diversity, Inclusion & Equality)経営推進の観点から、女性・障がい者・LGBTQの社員への対応についても助言を行なう。企業側の弁護士の立場から、技能実習生を含む外国人労働者への対応の適正化についても、日本企業のサポートを行っている。

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から、東京2020「持続可能性に配慮した調達コード」に基づく通報受付窓口に係る助言委員会委員候補者に選任されている。環境・社会課題の解決を目指す若手起業家を支援する、2020年の環境省TJ(トランスフォーマー・ ジャパン)ラボのTJインキュベーターの他、一般社団法人経営倫理実践研究センター(BERC)のフェローを務めている。成城大学法学部特別講師(2018年、2020年)。

ESG&Cは、デザイナー、コンサルタント、弁護士という異例のチームでスタートします。企業が抱える課題の発見、発掘。短期的ではなく、長期的に本質的に解決していくためのアイデア。そしてそれらを実装し、社会にきちんとコミュニケイトしていくことまでを併走していきます。

特に「メニュー」のようなものはありません。ただ、3ヶ月間ほどのリサーチ+プランニングからスタートし、その後で実装(クリエイション)を行っていくようなプログラムにしていこうと思います。おそらく、短くても6ヶ月以上のプログラムになるだろうと思うのです。

さいごに

僕自身は、これを機に、従来の広告の仕事はやめようと考えています。環境や社会や未来のことを考慮し、実装するために何ができるか。そういったことに、限られた時間や自分の能力を使っていきたいと思うのです。

もしも、この取り組みに少しでも興味のある企業の方がいたらぜひ気軽にご連絡をください。「取り組まなければいけないことはわかっている。でも何をしたらいいかわからない」そんなフェーズに声をかけていただけたら幸いです。

あらゆる組織もブランドも。未来のことを無視した活動では、この先は前に進むことはできません。持続可能な社会のために、よりよい未来のために、私たちがやるべき仕事は無限に存在します。

自分たちの人生で、どこまで未来にたどり着けるのか。少しでもその歩みを早めるようなアクションを、この「ESG&C」のチームで、一緒につくっていきたいと思うのです。最後に、先日の「国際女性デー」で、辻愛沙子と一緒につくった新聞広告のコピーを置いておきます。

未来は勝手に進まない。
進めてきた人たちがいる。

画像