「本屋さんで買ってください。」- #広告がなくなる日

この本は、Amazonを中心とした「ネット販売」をできる限り行わないことにしました。Amazonには在庫を置かず、Kindle版も当面の間は制作をしません。その他の大型書店へも「ネット販売」は行わないでほしいという要望を、出版社経由で伝えてもらうようにします。

この時代にネットで売らないということで、売上は下がるかもしれませんし、出版社であるクロスメディア・パブリッシングにも迷惑をかけているかもしれません。それでもやろうと思ったのは「できるかぎり本屋さんに行ってもらいたい」ということです。

2021年3月。新型コロナウィルスの影響で、街の本屋さんも大きなダメージを受けています。だからこの本が出版される、少し世の中も落ち着いた頃に、あなたの好きな本屋さんに買いにいってもらえたらと思うのです。

僕は、本屋という場所がとても好きです。そこに並んでいる膨大な量の本、知識、先人たちの知恵。紙の匂い、他のどことも違う独特の世界観。そういうものがとても好きです。

僕自身、大学時代に、社会とうまく馴染むことができず、逃げ込んだ場所が本屋であり、救ってくれたのがそこに並ぶ物語でした。本屋という場所は、いつの時代も文化的で、人間的な場所だと感じています。

Amazonは素晴らしいサービスで、僕もいつも利用しています。ボタン一つであらゆるものが翌日に届く、とても便利な社会です。でもそれだけでは、何かが欠如していく気がしています。

その「何か」とは、例えば「本屋に歩いて行ってみる」というようなことです。たくさんの知らない本に触れ、紙の匂いに包まれて、膨大な文化と歴史に触れるというようなことです。それらは、感覚的で情緒的で「人間的」な「何か」です。

便利さを追求し、物質的豊かさを達成した社会において、人々がどこか不自由に見えるのは、その「何か」が足りていないからではないかとよく考えます。本書の中では、それを「文化」と呼んだり、「アーツ」と呼んだりしています。

本屋という空間には、その「何か」があると確信しています。だから「不便」かもしれないし、売上は下がるかもしれないけれど、「本屋だけで販売する」という選択をさせてもらいました。せめてこの本だけでも。どうかその「不便」を楽しんでもらえたら幸いです。

というわけで、散歩がてらに、春の空気に包まれながら。
本屋さんに行ってみませんか。